健育祭

~カラダとココロぽかぽかフェスタ~

  慶應義塾大学SFC研究所ヘルスサイエンス・ラボが誘致し、医療法人グループ健育会が2017年11月6日神奈川県藤沢市遠藤に開院した「湘南慶育病院」。

 開院準備段階から、地域のための地域と共にある病院を目指している湘南慶育病院は、まちづくりを通じて地域の活性化に寄与することも、経営の一軸として組み入れてます。

 湘南慶育病院のまちづくりの一つとして、地域の健康を主催・出展者・参加者の全員でつくろうと試みるフェスティバル、「健育祭~カラダとココロぽかぽかフェスタ~」を2018年から始めました。

 SFC と病院が軸とする健康づくりは「食・運動・心」の三つです。

 ここに地域の協働を加味すると「農林漁業、遊び、音楽」という三つが加わります。

 この六つの項目から、 「健育祭~カラダとココロぽかぽかフェスタ~」 では下記のような催しものを開催し、参加者の一人一人違う健康の度合いに合わせて、自分に合った取組を探してもらえるよう工夫しています。

食:軽食、惣菜、キッチンカー、パン、お菓子、コーヒー、はちみつ

農林魚: 農産物、竹製品、ハーブ製品、マグロの解体ショー

運動:ヨガ、体操、森の散策、武道体験

遊び:トランポリン、虫取り、おもちゃ釣り、竹細工

心: ヘルスサイエンス・ラボをはじめ慶應SFCの教員と、湘南慶育病院の医師による講座

音楽:クラシック演奏会